読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでワーホリ!!

ドイツ留学専門エージェント「ドイツ留学サポートセンター」を運営しています。自身がドイツワーホリ中に書き始めたブログ。ドイツの情報や、海外経験についてなど書いています。

HEXでの切符購入時の注意点

旅行 ドイツ国内 失敗談

QedlinburgからThaleへの移動時、切符の購入でちょっと困りました。

 

前日の夜、お祭りに行くのに切符を購入をしようとした際、Quedlinburg駅ホームの券売機(DBドイツ国鉄の券売機)ではなぜか現金が使えなかったのです。

後ろに並んでいたドイツ人男性に、現金が使えないんだけど?って聞いてみて彼にも試してもらったんですがやはりダメでした。

なので、往復5ユーロの切符を買うのにカードで払ったのです。

 

という経験から、片道たった2.5ユーロの切符を買うのにカードを使うのはばからしいと思い、今日は車内の券売機で切符を購入することに。

(HEXは社内にも券売機があります。ドイツ語表記のみです)

 

が、いざ支払になって困った。

なぜって?

 

券売機が10ユーロ札までしか受け付けてくれない!!

でも私のお財布には小銭がなく、20ユーロ札以上のお札しか入ってない!!

「結局カードか・・・」

と思いカード挿入口にカードを差し込むと、なかなか入っていかない。

どうやらこのカード挿入口はクレジットカード用ではないらしい・・・。

 

困ったので後ろにならんでるおばさんに「この券売機はカード使えないの?」と聞いたら

「Keine Ahnung (知らないわ)。現金で払えばいいじゃない」と軽くあしらわれました。

「20ユーロ札しかないけどこの券売機では10ユーロ札までしか使えないから・・・」と説明しても

「といあえず私が先に買うから(あなたはそれからどうするか考えなさい)」と自分の分だけ2.5ユーロ払って行ってしまいました。

 

冷たい!!!!!

 

と、この光景を後ろで見ていた子供づれの男性が、親切にも2.5ユーロくれたのです!!

いや、さすがに払ってもらうのは申し訳なさすぎるので、「20ユーロを両替できませんか?」お願いしたのですが、いいからいいから、と。

あぁ優しい。この時の男性の優しい表情が忘れられません!!

昨日からヒヤヒヤすることが多かったので、この親切は本当にしみます。

申し訳ないのとありがたいので精一杯の感謝をこめて「vielen Dank!!」