読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでワーホリ!!

ドイツ留学専門エージェント「ドイツ留学サポートセンター」を運営しています。自身がドイツワーホリ中に書き始めたブログ。ドイツの情報や、海外経験についてなど書いています。

初の中東!アブダビ旅行1

旅行 アブダビ

ドイツに来る前に・・・

 

出張でアブダビに滞在中の父のもとに寄りました。

フライトがちょうどエティハド航空が一番安かったので、せっかくならアブダビにも行ってみたいと思い立ち寄ることにしました。

 

アブダビUAEアラブ首長国連邦)を構成する首長国の一つです。 アブダビよりも有名であろうドバイも首長国の一つ。

 

朝4時に空港に到着。パスポートコントロールで何やら紙に記入させられました。滞在先や期間など。空港の担当の男性たちの服装が、頭に黒い輪っかをのせ白い布を被った恰好なのが、おぉ!中東に来たぞ!!って感じでした。

 

冬の日本から初夏のアブダビへ!

まだ暗いうちにホテルに到着し、一日の始まり。部屋の前がゴルフ場になっていてスプリンクラーで水がまかれています。早朝の太陽がすでに暑い一日の始まりを予感させます。

f:id:mikamilka:20150915011037j:plain

こーーんな広いベットに寝れちゃいます。父は簡易ベット笑

f:id:mikamilka:20150915011023j:plain

アブダビは暑いからなのか?、勤務時間が15:00までです。(とはいえこの時期は30度弱。真夏は50度を超えるそうです・・・)昼間ちょっと昼寝をして、仕事から帰ってきた父とともにちょっとした観光に出かけます。

 

 中東といえば、イスラム教イスラム教いといえばモスク!

 ということでシェイク・ザイード・グランド・モスクへ。

 

真っ白なモスク。ちょっと雲が多いのが残念ですが青空によく映えます。

カメラにおさまらないくらい大きいのです!!!!

f:id:mikamilka:20150915011715j:plain

f:id:mikamilka:20150915010939j:plain

入口には服装についてかかれたこんな看板。

女性は観光客であっても髪の毛をスカーフで覆わなければなりません。さらに体のラインも隠さなければいけない様です。

f:id:mikamilka:20150915010954j:plain

ということで、モスクに入る前にまずは地下にある着替え室に向かわされ、全身を覆う黒いヒジャブを借ります。

ヒジャブレンタルにあたり、引換に身分証明書を預けるように言われます。私はすっかりお財布を置いてきてしまっていたので何も自分の身分証明書を持っておらず、代わりに父の免許証でもOKでした。

 

黒いヒジャブで全身を多い、靴を脱いでモスクの中に入ります。

中にはこんな豪華なシャンデリア?が!

初めてのモスク。

植物モチーフの幾何模様の装飾が繊細で美しい!!

f:id:mikamilka:20150915011612j:plain

f:id:mikamilka:20150915013424j:plain

ここのペルシア絨毯は世界最大だそうです!

さすが、お金持ちの国。

f:id:mikamilka:20150915013408j:plain

コーランの表紙もオシャレな装飾。

f:id:mikamilka:20150915013352j:plain

係員の男性。

f:id:mikamilka:20150915013442j:plain

見学を終えモスクを出たところで、西洋人のカップに写真撮影を頼まれましたのですが、カップルが肩を組んでポーズをとったところ、近くにいた係員に「don't touch!!」と注意を受けていました。モスク内では男女がいちゃつくことはおろか、触れ合うことも禁止だそうです。厳格なイスラム教文化を目の当たりにしました。

 

モスク見学を終え、アブダビ市内で夕食。

 

そうそう、イスラム圏の休日は土・日ではなく金・土。

ということでこの日はTGIFならぬThanks God it's Thursday。週末前だったので市内は渋滞していました。

 

その後向かったのが エミレーツ・パレス・ホテル

f:id:mikamilka:20150915020349j:plain

おぉーーーーーーー

めっちゃキラキラしてます。

完全に異世界。

アラビアンナイト

f:id:mikamilka:20150915020403j:plain

中も見学しちゃいました。

ゴールド!!!

そうそう、ゴールドの自動販売機もありました。携帯のカメラで撮影したのですが、SDカードの調子が悪くデータが壊れてしまった・・・

f:id:mikamilka:20150915015915j:plain

残念ながらここに泊ることはできないので、ホテル内を少し散歩して帰ります。

 

ホテルの前からの高層ビルの眺め。

んーーーーオイルマネーの国の夜景!

f:id:mikamilka:20150915015843j:plain

 

今までに体験したことのない世界に出会った一日でした。

 

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村