読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでワーホリ!!

ドイツ留学専門エージェント「ドイツ留学サポートセンター」を運営しています。自身がドイツワーホリ中に書き始めたブログ。ドイツの情報や、海外経験についてなど書いています。

“ドイツワーホリ”ブログを書くモチベーション

今更なんですがね、

ドイツから帰って来てからというもの(もう9か月も立ってますが…)、すっかりブログを書くモチベーションが薄れてしまったのです。

 

ドイツワーホリお役立ちブログを目指して

そもそもはドイツワーホリに関するお役立ち情報をメモ書き程度に残しておこう。これからドイツに行く人のお役に立てたらいいなと、始めたものでした。

 

最初はどんなテンションで書いていいのか分からなかったし、お役立ち情報ということで、あまり主観を入れずに事実だけを書くのがいいかなぁと思っていたのですが。やっぱり書いているうちにその時の状況とか感じたこととかを書きたくなっちゃって。

 

だんだんとドイツ生活の記録になってしまいました。あとは旅行記、ベルリンネタも多いですね。

 

でも、「海外生活楽しいぜ!イェイ♪」みたいなただの出来事を書き綴るだけの自己満日記にはしたくなくて。(ブログを書くなんていうこと自体が自己満ですけどね)

事実と主観…というのか。主観を交えつつ汎用性のある情報を書けたらいいなっていうバランスが難しいなぁと思いながら書いていた気がします。

 

帰国しちゃったら根底が崩れてしまう

ドイツで経験したこと、感じたこと、発見したことを書いているのが好きだったので、日本に帰ってきて書いたら、なんか「ドイツワーホリ」としてのブログだったのが汚れてしまうような気もして。

そんなんで、帰国したら書けなくなってしまったんですね。

 

いまもタイトルそのままに続けていること、どうしようかなぁとは思ったりしているのですが。でもこのまま放っておこうかな。

 

ドイツにいる間と日本ではアンテナの感度が違う

あと思うのは、ドイツにいた間って今よりもたくさんの事を感じて考えながら生活できていたんだなってこと。

日々の生活の中に書きたいことがころがっていたし、書く意欲を掻き立てられていた。

 

でもこれって、言ってみれば当たり前よね。

自分が生きてきた環境とは違う文化の中にいて。そして時間もたっぷりあるし、現実的な仕事に追われるようなこともなく。のんびりと。好きなだけ書くことに使えてた。

これはモラトリアムなワーホリメーカーだからできたことなんでしょう。

 

去年書いていたことをちょっと見返してみて、あぁ~こんなことあったねぇ。そっか~そんな風に考えてたのかぁ。と、自分が書いていたことなのになんか不思議な感じを覚えるものもある。

いまの自分とは違う視点。もしくは、いまの自分では気づかずにスルーしてしまうかもしれないこと。

 

海外にいる間って特別な感性の中に生きられるんだなぁと改めて。

 

そんな生活をしてた自分がいるって、去年の自分を羨ましく思っちゃう。

  

って、なんか自分が書きたかったのと違う方向に話が進んでしまった。

どうやら私は一定のテンションにならないとブログ用の文章は書けなくて、日本に帰ってきてからはなかなかそこまで持っていけないのです。

 

やっぱり葛藤?

いや、いまはいまでこれまでとは全く違う道を歩み始めたので、感じることや考えること、視点が変わったな、と思うことは多々あるのですが。

でもそれを書いたらドイツネタじゃなくなっちゃう…っていう気持ちがやっぱりあって。

 

あとはHPのコンテンツ作ったりとかアウトプットするところがありすぎて手が回らない。し、一方でインプットが少ないので自分が貧相。本が読みたい。読まなくちゃ。

 

だけどブログ書いてて報われた

先月ようやく会社のドイツ留学エージェントとしてのHPもできて。さりげなくプロフィールのところに載せているのですが。

 

そしたらHPからお問合せをくれた最初の2人はこのブログからHPに来て連絡をくれた方たちだったのです!!

 

できたてのHPはまだまだ検索順位も低いですしちっとも一目につきません。早くたくさんの人に見つけてもらいたい気持ちと、人に見られるサイトを持ってしまったことへの緊張感。そんな気持ちを抱きながら受け取ったお問合せたち。

 

私が書いているものを見つけて読んでくれている人がいるっていうのも未だに不思議な感じがしているのに、「ブログ読んでます」っていうのがきっかけで連絡をくれた。バーチャルから現実に。

 

「ドイツのワーホリの情報を探していたらブログを見つけて。とても参考になりました」と言っていただけたのは何よりも嬉しくて。

決して読者数も多いブログではないですし、アクセスが多いのはワーホリネタとは関係のない記事。それでも、ちゃんと見つけてくれる人は見つけてくれて、連絡をいただけた。

 

帰国してからはすっかりサボっていたけれど、書いててよかった。ってしみじみと。

 

しかも記念すべき一人目は、同じ年の女性で「私もドイツ留学経験がるので、何かお手伝いできることがあれば言ってください」っていう、あまりにも素敵すぎて目を疑ったほど嬉しいメッセージだったんです。

世の中にはこんなに心の優しい人がいるのか!!とすごく心洗われました。

お食事しながらお話しするお時間をいただいたら、やっぱりドイツ好き同士は初対面でもお話しがつきなくて、ブログがもたらしてくれた出会いに感謝するばかり。 

マイペースに書き続けます

っていうブログの効力を知った最近だったのです。

できるだけドイツに関すること、お客さんと接して感じる留学やワーホリに関することなんかをこれからもマイペースに書いていけばいっか、と落ち着いたのでした。

 

まぁ、とにかく私は効率が悪い。文章書くのに時間がかかりすぎる。頭の中にあることを文章にするまでの腰が重い。この内容も1週間前くらいからぼんやり考えていてようやく言葉にできて、帰国してからブログに向き合えずにいたのがちょっとすっきりです。

 

関係ないけど最後に・・・

クリスマスまで1ヵ月をきり、ドイツではクリスマスマーケットの季節ですね。

私もオフィスと自宅、それぞれにエルツ産のお人形たちを飾ってみました。

 

1年前の昨日は、初めてエージェントの準備として語学学校を訪問させてもらった日でした。

1年かかってやっと、形になり始めました。

 

1年かかってしまった…。なのか、1年でここまで形にできた!なのか。

自分をどう評価していいのかもよくわかりません。

でも、このブログも、サイトもこれからドイツ留学、ワーホリに行きたいたくさんの人に見てもらえたら嬉しいな。