読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでワーホリ!!

ドイツ留学専門エージェント「ドイツ留学サポートセンター」を運営しています。自身がドイツワーホリ中に書き始めたブログ。ドイツの情報や、海外経験についてなど書いています。

ザクセン旅行1 再びドレスデンのクリスマスマーケット

ドレスデン 旅行 ドイツ国内

12月に入ってから旅行続きでブログ書くのがちっとも追いついていないのですが、旅行第一弾、ザクセン旅行から。

 

ドイツの東のはじっこ、チェコと国境にあるザクセン州。州都はドレスデンです。

今回は生まれも育ちもザクセン州、正真正銘のサクソニアンのおじいさんに案内してもらうことができました。

 

前回の記事から数日後でしたが、再びドレスデンに行ってきました。

 

ドイツ最古のクリスマスマーケット

f:id:mikamilka:20151210163552j:plain

ドイツ最古のクリスマスマーケット。

今年で581回目です。

 

Dresdner Striezelmarkt

Striezelmarkt??  Weihnachtsmarktではないの?(ドイツ語でクリスマスはWeihnacht)と思ったら StriezelはStollen(シュトーレン)を意味する言葉だそうです。

 

クリスマスのお菓子の代表シュトーレンドレスデン発祥です。

 粉糖をまぶして白く楕円形をしたこのお菓子、赤ちゃんのキリストに見立てているんですって。

名前も、Dresdner Christstollen。

 

ということで、シュトーレンにちなんでドレスデンのクリスマスマーケットはStriezelmarktと呼ばれています。

 

てっぺんには開催回数の581!

f:id:mikamilka:20151211094602j:plain

 

f:id:mikamilka:20151210165006j:plain

Striezelkinderと呼ばれる貧しい子供のお人形。

これもドレスデンのクリスマスマーケットのシンボル。

 

19世紀半ば頃、多くの貧しい家庭では家で作った人形たちを、子供たちが寒くて暗い路地に立って売っていたそうで、その子供たちをかたどったお人形です。

なんだかマッチ売りの少女みたいですね。

 

一番おいしいグリューヴァイン

このクリスマスマーケットで一番おいしいと教えてもらったグリューヴァイン。

広場の東の端にあるこの屋台が一番だそうです。

(どうやら屋台の場所は毎年同じ場所と決まっているみたいです)

f:id:mikamilka:20151210163648j:plain

毎年絵柄が変わるクリスマスマーケットのマグカップ。

左下にちゃんと、開催回数の581の数字が入っています。

f:id:mikamilka:20151210163707j:plain

 

屋台の屋根がかわいい

この時期はドイツのどの街にいってもクリスマスマーケットをやっていますが、やっぱりドレスデンがクオリティー高いなぁ、と思うのは屋台の屋根!

気合いの入りようがすごい!

 

一軒一軒すごく凝っていて、写真撮りだしたらきりがない。

この空間全体がおもちゃ箱みたい!!

f:id:mikamilka:20151210163629j:plain

f:id:mikamilka:20151210163611j:plain

 

f:id:mikamilka:20151211104404j:plain

f:id:mikamilka:20151211104406j:plain

f:id:mikamilka:20151211104420j:plain

f:id:mikamilka:20151210165025j:plain

売っているものもかわいい。

クリスマスマーケットといえば、エルツの木製人形たち。(これについては次回の記事で)

f:id:mikamilka:20151210165044j:plain

f:id:mikamilka:20151210165104j:plain

フラウエン教会周辺

フラウエン教会前後の広場にもクリスマスマーケットが出ています。

f:id:mikamilka:20151211111816j:plain

f:id:mikamilka:20151211111907j:plain

f:id:mikamilka:20151211111912j:plain

 

美しい建物にキラキラ輝くクリスマスマーケットたち。

ドレスデンのクリスマスマーケットはほんとうにおとぎの国にいるような気分にさせてくれます。

 

 “ドイツ最古”のプライドを感じるクリスマスマーケットです!

 

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村