読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ドイツでワーホリ!!

ドイツ留学専門エージェント「ドイツ留学サポートセンター」を運営しています。自身がドイツワーホリ中に書き始めたブログ。ドイツの情報や、海外経験についてなど書いています。

ケルンのカーニバルへ!!の前途が多難だった・・・

キリスト教の行事であるカーニバル。2月の4日~9日にかけての6日間、ドイツの各地でカーニバルが行われます。

特に有名なのがラインラント地方、ケルンのカーニバルということで、1年前からこの日を狙ってました!ドイツに来たら絶対行ってみたかったお祭りのひとつです。

 

ライアンエアーの罠

さて、ベルリンからケルンへ。600km弱と結構な距離があるので電車を使っても4時間はかかります。が、数週間前に予約したらライアンエアーが33ユーロとかなりお得だったのでフライト予約をしました。(ちなみに、なにもない平日だと片道9ユーロ!)

 

で前日の夜、オンラインチェックインをしていたら、最後の画面に「EU外のパスポート所持者はチケットをプリントアウトして持参してください」的なメッセージが。

 

え・・・。

 

うちにはプリンターがないので、バスでも電車でも飛行機でも、普段旅行に必要なチケットは全てタブレットに保存して対応しています。

 

なのに!プリントアウトしてこいですって!?

そんなこと言われても日曜の夜だし翌朝一の飛行機だからコピー屋さんなんて行ってる時間はないし・・・。

仕方ない、明日空港でチェックインしよう!

 

と思って念のためもう一度サイトを見てみたら

「当日カウンターでのチェックインにはチェックインフィー45ユーロがかかります」と。

45ユーロ??チェックインフィーに??

 

ありえない!!!

当日チェックインで45ユーロもとられてたまるもんか!!

 

いくらLCCといえどもこんな稼ぎ方ある!?どんなぼったくり商売だよ。

 

危うく45ユーロとられるところでした。気づいてよかった・・・。

 

ライアンエアーを使う際には必ずオンラインチェックインを忘れずに!!

 

結局チケットは朝、家の横のトルコ人がやっているコンビニみたいなお店で無事にプリントアウトすることができました。(いままでここでコピーできると知らずわざわざ隣駅のコピー屋までいっていた・・・)

 

ちなみに、ほんとうにチケットをプリントアウトする必要があったのかは疑問です。端末保存でもいけた気がします。

 

靴に異変が

空港に着きセキュリティーチェックに並んだところで左足に異変を感じた。

ブーツの裏を見てみるとかかとの底のゴムが剥がれてなくなっている!!!!

ヒールなしのブーツなのでかかとのゴムといっても5センチ四方はあるような大きいやつなのに。

 

えっ!!!!

確かに空港の駅に着いたとき、階段を上る手前で左かかとがなんかぱかってするような違和感を感じたんだけれど急いでたし、まさかかかとのゴムが剥がれるなんて予想もしなかったのでまったく気にしなかったら。

こういうことだったのか・・・

 

唖然。

で、よくみたら右のかかとも同じことが起きているではないですか!!!なんでやぁ~~

 

先週バイエルン地方を旅行していたのですが(旅行記は後程)、終始雨が降っていたためそのせいで傷んじゃったのかな。。

それにしてもそんなたかが4日程度の雨に耐えられない靴なんてある!?

しかもこのブーツ2年前にフランスで200ユーロくらいで買ったものだから、そんなに安物ってわけでもないのに。

 

気持ち悪いのが、左右の剥がれ方が違って左足の方がかかとが低くなっていること。

左右高さの違う靴で歩くなんて絶対体によくないでしょ!ただでさえ私骨盤歪んでるのに・・・

 

あぁテンションさがる。

というかこの靴で旅行しなければならないことが不安。。早く修理に出したいのに。

 

厳重なドイツのセキュリティーチェック

そんなこんなでそわそわしながらむかえたセキュリティーチェック。

液体類とPCを別にして荷物をX線検査へ。

 

ところがなかなか荷物が来ない。

私のトランクがX線を通るところでなにやら担当員2人が画面を見ながら話合っている。

 

今度はなによ!?

 

トランクを脇によけられ「何かクリームみたいなもの入ってない?」と。

あぁ、そうだ忘れてた、と取り出した200g入りのクリーム。

 

あっ、、200g。。先週の旅行のままのトランクできたから液体物とか気にせずそのまま来ちゃった・・・。

 

「200gは容量オーバーだからだめよ」と。係員のおばさま。

いや、そのクリーム高いんです。こんなところで没収されてたまるか!!!

M「でももう中身半分以下です」無駄な抵抗と分かっていながら反論してみた。

係「でも入れ物が200gだからだめよ」

M「でもそれクリームだから液体じゃないです」苦し紛れすぎる(笑)でもなんとしてもクリームを救出したい!

係「ダメダメ」

M「でも前も検査受けたときはOKだったもん」(そうでした、以前Stuttgartに行った時もたしか同じクリーム持ってきちゃってセキュリティー止められたんだけど中身見せたらOKで通してくれたの。忘れてました。あぁ、以前すでに警告を受けているのにすっかり忘れていたなんて学習能力なさすぎる、わたし・・・)

 

懇願してみましたが結局没収。。

はぁ・・・。

 

まぁ完全に私が悪いんだけどさ。

甘く見てましたよ、ドイツ人を。だって日本の空港ではたまに液体類小分けにした袋を鞄から出さずにX線通しても完全スルーだったりするよ?セキュリティーチェックなんてちょろいちょろいと思っていたらこんなところでひっかかるとは。。

 

先週ベルリンでもテロ未遂があったところだし、セキュリティー厳しいに越したことはないんですけどね。

 

みなさん、ドイツはセキュリティーチェック厳しいです。持ち物にはお気をつけて!

 

テンション激落ちでもいざケルンへ!

こんなヒヤヒヤとソワソワとがっかりでスタートする旅行はめったにないですよ。ここ最近は平穏に旅行できていたのに。

 

ともあれ、色々あったけど無事飛行機搭乗までたどりつけました。

 

ライアンエアー。搭乗時刻が遅れてるなぁ~と思っていたら、前のフライトから到着して乗客が降りてきたばかりの機体に乗り込みました。電車並みの回転率で運行しているんですね。

 

めずらしく太陽が顔を出すベルリンの空だけがせめてもの救いです。f:id:mikamilka:20160211030315j:plain

 

飛行中、女性の客室乗務員がアナウンス時になにがそんなにおかしかったのか分からないけれど、アナウンスしながら笑いをこらえきれずにクスクス言いながらのアナウンス。いくら外国の航空会社といえどもこんな軽いノリの航空会社は初めてだ・・・。

 

まぁ安くて安全に飛行してくれればそれでいいんですけどね。

 

ということで、無事に悪天候のケルンに到着。

 

お次は本題、ケルンのカーニバルレポートです!

にほんブログ村 海外生活ブログ ドイツ情報へ
にほんブログ村